Adobe Marketing Cloud

消費者行動調査2014:
デジタルメディアが商品購入の決め手

デジタルメディアが商品購入の決め手
消費者行動調査から見えた、6割が「やめる」理由

「日本の消費実態の今」から明らかになった
販売機会を奪う要因と、企業の取るべき戦略とは

アドビ システムズが一般消費者を対象に行った意識調査から、興味深い消費行動が浮かび上がってきました。消費者が商品を認知する最大のきっかけとなっているのは依然としてテレビですが、その影響力はじわりと減少。その一方でデジタルメディアの影響力は急伸し、商品購入の決め手となりつつあります。しかし、デジタルメディアへの投資が伴っていないと、消費者の不満を招き、見逃せない規模の販売機会喪失につながることが判明しました。より効果的なマーケティング戦略のためにも、ぜひこの調査レポート【DIGITAL MARKETING DISCOVERY: 消費者行動調査2014】をご利用ください。

<この資料の内容>

  • 商品認知のきっかけとして、デジタルメディアが急伸
  • テレビや店頭で気になった商品をWebで調べるようになった消費者
  • 消費者は、Webで商品情報を確認・納得して購入を決める
  • サイトでのマイナス経験は、販売機会の喪失に直結

右側のフォームに必要事項を記入して資料をダウンロードいただき、デジタルマーケティング業務にお役立てください。