Adobe Experience Manager

ユーザー事例:花王

モバイルファーストとグローバルサイトの一元管理を実現し、コストも2割削減

花王は2013年からスマートフォンにも対応したサイトを制作していましたが、人海戦術による時間と予算の増大が大きな課題になっていました。同社は、世界で250以上のサイトを運営しており、デジタルアセットも50万点以上に上ります。

そこで同社は、近年の消費者が求める顧客体験を提供するために、Adobe Experience Managerを導入してブランドサイトを移行。モバイルファーストへとシフトしつつ、サイト構築の効率性も向上させる体制を整えました。

また、50万以上のデジタルアセットも一元管理。これにより、グローバルでのブランド統一が可能になりました。

コンテンツの制作、更新の作業が効率化され、制作から配信までの時間も大幅に短縮。従来よりも2割程度のコスト削減と時間短縮を実現しました。

導入成果

  • スマートフォンを始めとしたマルチデバイスへの対応を実現
  • グローバルでの一元管理により、約2割の時間短縮とコスト削減を実現

モバイル時代のデジタル顧客接点、大規模なサイトリニューアル、Webコンテンツ管理システム(WCM/CMS)とデジタルアット管理(DAM)を活用するメリットにご興味のある方は、この事例をぜひダウンロードしてください。