顧客分析市場でアドビはリーダー

より的確に顧客を理解するために

顧客が何を求めているかを理解することは、より適切なコミュニケーションの第一歩となります。

顧客理解の第一歩は、顧客の行動をデータ化し、データを分析してその意味を発見することのできる、適切な仕組みを整備することです。

そして、顧客を理解するための仕組みが、顧客分析ソリューション市場を構成する各社の製品となります。

顧客理解を進めるうえで、顧客分析ソリューションに求められる条件は、顧客行動をデータとして計測できることはもちろん、データからインサイトを導き出し、それをアクション(施策)へとつなげることです。ほぼリアルタイムで収集される膨大なデータを、ビジネス上の観点から集計し、深掘りすることで、隠された傾向、見落としていた現象、思いがけない機会といった「意味」を探り出すことが、このソリューションの目的です。

一方、事業環境や市場動向、顧客ニーズをもっとも理解している人と、データインテグレーションやデータサイエンスの専門家は、同一人物とは限りません。つまり、顧客分析を得意とするマーケターは、必ずしも技術的素養に長けているとは限らないのです。そのため顧客分析ソリューションに求められるのは、誰でも扱える分析機能の使いやすさ、すなわち「データの民主化」を促す能力です。

こうした複雑な要件を満たすのが、Adobe Analyticsです。アドビは、誰でも使えるインターフェイスで膨大なデータをすばやく分析し、顧客セグメントの発見、異常値の検出、ターゲティングや広告などへの活用をすばやく行うことができるよう、Adobe Analyticsを設計し、提供しています。

様々なベンダーから提供される顧客分析ソリューションについて米調査会社Forrester Researchは、中立的な同社の立場から、20の評価基準を用いてベンダー各社を評価しました。その結果、同社はアドビを「リーダー」として評価しています。

主な評価項目

  • アクションへつなげられるか
  • 使いやすさ
  • 実績
  • 製品ビジョン
  • 製品ロードマップ

顧客分析を通じてよりよく顧客を知りたい方は、同社のレポート『The Forrester Wave: 顧客分析ソリューション 2018年第2四半期』をご覧ください。

 

※2018年7月18日より日本語版レポートをご提供しております。

Adobe Analytics