Adobe Experience Cloud

デジタル変革実態調査:
企業における
デジタル活用の現状と課題

企業のデジタル活用の現在地とこれから

ネットワーク常時接続された日常が当たり前となった今、消費者にとって「いつでも、どこでも、自分の思い通りの便利なサービスが利用できる」ことが極めて自然になりました。これは企業にとって、デジタル化の波に「いつ乗るか」ではなく、既にデジタル化を遂げた市場環境の中で「いかに差別化を図るか」が迫られていることを意味します。デジタル変革を遂げた企業は消費者を引きつける一方で、そうではない企業は忘れ去られる運命にあるかもしれません。

そうした市場環境のなか、企業は自社のデジタル変革といかに向き合い、どの程度の進展を見せているのでしょうか?企業のデジタル変革とデジタル活用の実態について明らかにすべく、アドビはB2Cを中心とする日本企業を対象に調査を実施しました。

企業と顧客のコミュニケーションにおいて、デジタル活用の重要度が増しているなかで、組織の実態はどのようになっているのでしょうか?経営戦略に沿って実施されるIT投資のうち、デジタルを活用した顧客コミュニケーションの強化には、どれほど配分されているのでしょう?さらに、顧客コミュニケーションにデジタルを取り入れることで、顧客の期待に見合うような優れた体験を提供しようとする施策は、どの程度着手され、何を重視して取り組み、どのような取り組みがなされているのでしょうか?

この企業調査レポート「Adobe Digital Survey デジタル変革実態調査 企業におけるデジタル活用の現状と課題」では、調査から見えてきた「組織の実態」「予算と投資」「デジタルコミュニケーションの現在と未来」について解説します。

調査のあらまし

  • 調査機関:アドビが株式会社
    日経BPコンサルティングに委託
  • 調査時期:2018年5~6月
  • 調査対象:年間売上高200億円以上の
    日本企業4400社の
    「経営企画部門」と「マーケティング部門」
  • 有効回答数:472件