Adobe Campaign

電子メールマーケティングで始める顧客中心型ビジネス

電子メールをイノベーションに活用

電子メールは、企業が顧客に働きかけるチャネルのひとつとして、歴史が古く、いまでも一定の効果を見込める手段と言えるでしょう。一方で、企業と顧客の関係が「顧客中心」にシフトしたいま、電子メールのあり方も見直されなければなりません。では、企業はどのような方向性をめざすべきでしょうか。

そこでアドビはForresterに、市場調査と分析を依頼しました。調査は、個人として電子メールを使用している米国の消費者256人と、従業員500名以上の米国企業に勤務する意思決定者260名、すなわち顧客側と企業側の双方を対象に行われました。その結果、興味深い知見が得られています。

注目すべき事実は、電子メールマーケティング戦略とエクスペリエンスとの相関関係です。従来型の電子メールマーケティング施策では、電子メールは単なるプロモーションのツールでした。一方で先進的な企業は、電子メールマーケティングをイノベーションの戦略的資産とみなし、実際に顧客から受け入れられることによって、経営上の成果を上げていることが判りました。

この調査レポートの主な論点:

  • 新しいエクスペリエンスを期待している顧客に、電子メールで応える方法
  • 電子メールを顧客中心へと変革することが、いかにビジネス成果に波及するのか
  • 電子メール戦略としてどのようなビジョンを持つべきか
  • 電子メールマーケティングのイノベーションを、戦略としてどう位置づけるか

マーケティングオートメーション(MA)やクロスチャネルキャンペーンを見据えて、顧客接点としての電子メールを今後どのように位置づけるべきかを検討する際に、この調査結果が参考になることでしょう。